写真家・吉田航太のブログ

<< 「面白い」 | main |
"Cali"は人のビーチライフ

 元鳥取でサーフィンをしていて、今は卒業して愛知で働いているSさんから鳥取帰るからサーフィン撮りに来てよと誘われ午後から意気揚々と海に出かけた。度々誘ってくれて嬉しい。僕がアメリカに行く前から一緒に海に連れてってもらったりしていて、好きなことを純粋にしていて、カッコよくて、少年のようなSさんはずっとずっと憧れ。Sさんと彼女のMさんと海に行って、久しぶりにサーフィンを撮りながら海岸に立っていたら、どこかカリフォルニアにいた頃を思い出していた。

 カリフォルニアは波がいいからいたるところにサーフィンをしている人がいる。けれど、この鳥取の白兎海岸のちょっと西だってサーフィンをしている人がいる。何も変わらないと思った。

 アメリカ人は、カリフォルニアの雰囲気をダブルコーテーションをつけて"Cali"と表現する。それは、みなさんが思い浮かべるカリフォルニアの雰囲気と変わらない。けれど、ディテールを見ていくと、もちろん海が美しくて、太陽が輝いていて、気温がよくてといった環境的なものあるのだけど、それにも増して、人が海辺で生活しているそのものをあらわしていると思う。サーフィンに朝行って、仕事から帰ってまた夕方に入る。海岸をドライブする。海岸でコーヒーを淹れて飲む。海に行って休憩する。ビーチサイドにバスケットやバレーコートを作って、みんなでする。そのどれもが海を中心としている。海を中心に生活している。海にいる時間が長い。だから、海辺にお店が多い。から、人が集まってくる。

 何をするにもベースが海にある、それはとても心地いい。それを"Cali"の人は知っているから海で過ごす。そんな海が僕も好きである。そんなことをふと考えた美しい春晴れの午後だった。

| 吉田航太 | - | 23:50 | comments(0) | -









profilephoto
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

このページの先頭へ