写真家・吉田航太のブログ

<< 非永遠の永遠、青く赤い時間 | main |
映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』

アップリンク渋谷で映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』を見た。先日まで神保町の岩波ホールでやっていたのを見に行きそびれていたので、タイミングよく見ることができた。多様な図書館の仕事が詰まっているという事前知識で見たけれど、実際にその内容が余すところなく200分という長時間の映像になっており、凝縮されず全部見せだった。貸し出し、利用者の対応はもちろんのこと、ニューヨーカーたちに図書館を通じてどうなってほしいかを考え、豊かな生活を根底に、子どもの居場所、再就職説明会、パソコン教室など、複数の側面から仕事も生活も異なるニューヨーカー一人一人に役立つ場所であるよう企画会議が重ねられていた。

 その200分にも及ぶ映像の中で、「World is possibility.」という言葉が心に残った。ネット環境がない人にはネット端末を貸し出したり、熱のこもった再就職説明会、プログラミング教室、ホームレスの受け入れガイドライン検討会議。どんな人にでも平等に可能性を提供する。そして利用者は可能性を掴もうと熱心に取り組む。その空間がこうやって維持されていることを知り、またその場が図書館であるということに改めて驚かされた。

 見ながら改めてアメリカで住む豊かさとは何だろうと考えていた。住む街、仕事をする街の豊かさは、住む人の心がけやライフスタイルだけではなく、街にこういった豊かさを生もうと奮闘する人や場所があることが大事であると感じた。図書館まで大きくなくても、カフェでも、ちょっとしたお店でもそういう心意気な人が多く、図書館までいかなくても多目的に使えるベンチや公園、そういうものが当たり前のように街に溢れていることがやはり大事であると思った。

| 吉田航太 | - | 23:25 | comments(0) | -









profilephoto
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ