写真家・吉田航太のブログ

<< 日々の、人生のスイッチング | main | 写真展の模様が日本海新聞に掲載されました >>
情熱の彼方、気になるその向こう側

 何かをするという動機にはいろんなものがある。自分がやりたいからする。人にしてあげたいからする。人が喜ぶし自分もしたいからする。そして、「したその向こう側が気になるからする」である。世の中に無いものはたくさんある。そして、あったらいいのになぁという人もたくさんいる。けど、その間で「やる人」はごく限られた人である。

 その人はもし何かがかたちになって、誰かのどこかのきっかけ、豊かさになったとしても、みんなから面と向かって「ありがとう」と言われるとは限らない。みんな、気づいたら良くなっていたと思う。だから、その発端は見えにくい。それでも、やる人はその先がやっぱり気になる。ちょっとでも良くなった環境を見たいと思い続ける。から、やる。けど、大変。けど、やる。

 そんなレアな人は、僕はこんなことをしていて、頑張っていてと大きな声では言わない。けれど、その周りの環境が少しづつ良くなっている。みんながいいねと言う。そして彼に会うと、やっぱり彼自身がほっこりいいなぁって思う。ハッピーになる。またすぐに会いたくなる。その人間の良さが、少しずつも着実にいい世界を作っている。そのまっすぐ伸びた道程。もう少しだね、ファイト。応援してるよ。

| 吉田航太 | - | 16:24 | comments(0) | -









profilephoto
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ